Viewing entries in
Go

GJ Camp レポート

GJ Camp レポート

皆様、こんばんは。私、アットウェアの新入社員のMassanです。技術的な記事が多いなか、イベント的な記事をポストしたいと思います。そもそもGJってなに?というところから、社内の活動や雰囲気までふわっと伝われば幸いです。写真が全体的に黄色いのは、僕のカメラテクニックが低かったということもありますが、間接照明のせいでもあります。

GJとは

GJとはGood Job チームの略で、僕が所属するチームの名称です。弊社は現在、チーム制というものを導入しており、所属するプロジェクトとは別に様々な特色をもったクラスターによってチームを構成しています。GJ チームはGood Jobな仕事をしよう!という思想の元集まった集団です。私とNamさんが今年から加入して、6名となりました

GJ Camp

GJ Campは9月末に行われ、コワーキングスペースを借りて、丸一日もくもくと開発をするイベントでした。弊社では社内のコミュニケーションツールとして、Nulabさんが提供しているTypetalkを使用しており、社内でTypetalkのbotの開発が少し盛り上がっていたこともあり、一人一個botを作るという目標を立てました。

 

参加者と成果

GJ Campで作成しようとしたプロダクトと、それぞれのキャラクターを紹介します。


 朝活推進派。

朝活推進派。

S.K:おすすめランチbot

GJチームのボス。一見でこぼこなチームをさらっとまとめる紅一点。
Campではみなとみらい近郊のランチ情報をポストするBotを開発。アイコンがキュートでした。


M.S:airconbot改

GJチーム最強のエンジニア、Javaをこよなく愛しています。
Campでは、typetalkのチャットからエアコンを操作するbotの改良を行いました。

チャイナでご満悦の室長


 遅れてきたのに、いち早くbotを開発し終えた

遅れてきたのに、いち早くbotを開発し終えた

K.A:乗り換えbot

GJチームのインフラ担当。自己啓発本を読みまくり、メンタル的な面でも、技術的な面でも自分のブラッシュアップを怠らない、常に進化し続けるエンジニアの鏡です。Campでは天気の情報と、乗り換え案内を駆使して、どの電車に乗るべきかを教えてくれそうなbotを開発。ソースを全然公開してくれません。


 紹興酒を飲みまくっている 懇親会にて

紹興酒を飲みまくっている 懇親会にて

O.F:

GJのご意見番。仕事が忙しすぎて、チームミーティングや活動にジョインできていません。会社への貢献度は計りしれません。飲み会も遅れてやってきました。


 真剣なときのナムさんと、メガネを取ったときのナムさんはイケメン。

真剣なときのナムさんと、メガネを取ったときのナムさんはイケメン。

Nam Lai:connect server

GJのチャーミング担当。ナムさん。Goをこよなく愛するベトナムからの刺客。5月からアットウェアにジョインしましたが、新卒とは思えないほどの実力者です。Campではスケールが壮大すぎるプロジェクトに手をつけ出して終わってしまいました。
日本人の彼女募集中。


 当日はカメラマンだったので、ナムさんに撮られたこの写真しかなかった。

当日はカメラマンだったので、ナムさんに撮られたこの写真しかなかった。

Massan:weekCheck.go

GJのフレッシュ担当。大学が情報系だったが、さぼりにさぼってここまできてしまいました。すこしずつ成長中です。Campでは、Goで曜日bot開発を行いました。


懇親会

関内で作業を行っていたので、近くの中華屋さんで懇親会を行いました。チームに加入してから初めて、全員と顔をあわすことができて、とてもよいCampとなりました。ボス曰く、チームとしても今期初の全員集合会だったらしく、まとまり感が出てきていい感じだそうです。

今回はクローズドなCampでしたが、今後はオープンな勉強会なども行っていく予定です。
今後ともGJチームをよろしくお願いしまーす!!!

IntellijでGo言語を開発しよう

IntellijでGo言語を開発しよう

IntelliJでGo言語を開発しよう

みなさん、こんにちは。KEYチームの矢納です。

技術ネタ第5弾!!「IntelliJでGo言語を開発しよう」です。
過去記事の目次はこちらに移動しました。

IntelliJとは?

IntelliJ IDEA(インテリジェイ アイディア)は、チェコに本社を置くJetBrains社が開発した、Java言語など多言語対応の統合開発環境である。 リファクタリング機能をJava用の統合開発環境としては初めて搭載したことでも知られる[1]。変数に型のないプログラミング言語に対してもリファクタリングを提供している。 ZeroTurnaround の調査によると、Java の統合開発環境としては Eclipse に続いて2番目に人気である (2011年はシェア22%[2]、2012年はシェア28%[3])。 https://ja.wikipedia.org/wiki/IntelliJ_IDEA より

基本的にはJava開発で使われるIDEAでは有りますが、私自身がかなり気に入っていますので、他のエディタ等を使いたくありません。なので、どうにかしてIntelliJで開発ができないかと探していたらありました。

なぜGo言語?

今年、Go言語が大好きな新入社員入りました。その人の影響です。ただそれだけです。

構築手順

では、ここからは構築手順を紹介して行きます。

0. Go言語インストール

省略

1.IntelliJのインストール

https://www.jetbrains.com/idea/download/のページから各OSにあった物をダウンロード、インストールしてください。

2.Goプラグインインストール

5番目の画像で入力で入力しているのは https://plugins.jetbrains.com/plugins/alpha/5047 です。

3.GOPATHの設定

Go言語のアプリケーションを作成するにはGOPATHをそのアプリケーションのルートでディレクトリに設定する必要が有ります。IntelliJでは下記の画像のような警告が表示されます。

Configure Go Library をクリック

12.png

サンプルコードを書き、実行。

今回のプログラムは 簡単にWEBサーバを構築する です。

さいごに

これでIntelliJを使ってGo言語アプリケーション開発が可能になりました。Sublimeで満足している方はそれで良いですが、IntelliJを愛している人にはおすすめです。是非やってみてください。

Email: yanou at atware.co.jp