Atlassian Bamboo + Crowd 前編:Bambooの導入


Bambooとは

Atlassian社製のCI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)を実現するソフトウェアであり、同様のソフトウェアにはJenkinsやCircleCI、TravisCIなどが存在します。

今回は、そんなBambooをセットアップし、ユーザー管理を以前紹介したCrowdに統合する方法をご紹介したいと思います。

これにより、システム管理者、運用者の負荷を軽減してくれるBamboo。それ自体の管理負荷を下げて、より生産的で楽しいことに注力できるようにしたいと思います。

今回は、前編として、Bambooのインストール方法をご紹介させて頂きます。

Bamboo の インストール

基本的には公式手順にのとって進めていきます。

前提条件

システム環境

  • OS : CentOS 7.0
  • Java : Oracle JDK 8u51
  • DB : 5.5.40-MariaDB

Bamboo配置先

  • インストール先 : /opt/atlassian/bamboo
  • データディレクトリ : /var/atlassian/application-data/bamboo

インストール

最新版のダウンロード

  • 公式サイトより最新版をダウンロードします。
wget https://www.atlassian.com/software/bamboo/downloads/binary/atlassian-bamboo-5.9.3.tar.gz

展開と配置

ダウンロードしたBambooのアーカイブを展開し、配置します。

tar xf atlassian-bamboo-5.9.3.tar.gz
mv atlassian-bamboo-5.9.3 /opt/atlassian/
ln -s /opt/atlassian/atlassian-bamboo-5.9.3 /opt/atlassian/bamboo

bambooの初期設定

  • Bambooデータパスの設定

マニュアルに記載のある通り /opt/atlassian/bamboo/atlassian-bamboo/WEB-INF/classes/bamboo-init.properties を以下の様に修正します。

bamboo.home=/var/atlassian/application-data/bamboo

  • Bambooメモリ設定の変更

/opt/atlassian/bamboo/bin/setenv.sh のメモリ設定を任意の値に変更します。 最大1GB程度にしておけばひとまず問題ないと思われます。

JVM_MINIMUM_MEMORY="512m"
JVM_MAXIMUM_MEMORY="1024m"

データベースの準備

次にデータ保存先であるデータベースを準備します。 今回はBambooのデータ保存先としてcrowdインストール編で用意したMySQL(MariaDB)を使用します。

  • データベースの作成
create database bamboo character set utf8 collate utf8_bin;
  • ユーザーを作成し権限を付与
GRANT ALL PRIVILEGES ON bamboo.* TO 'bamboouser'@'localhost' IDENTIFIED BY 'bamboopass';
  • DBドライバの配置

Mysqlのドライバを予めBamboo配下に配置しておきます。

/opt/atlassian/bamboo/lib

以下に ドライバのjarファイルを配置しておきます。

起動

ひとまず起動します

cd /opt/atlassian/bamboo
bin/start-bamboo.sh

初期設定

http://{bambooインストールIP}:8085/ にアクセスすると、 初期設定画面が表示されるので、画面に従って初期設定を行います。

  • ライセンスキーの入力

事前に用意してあればそのライセンスキーを入力します。 評価用であればAtlassian公式サイトよりトライアルキーが取得出来ますので、それを入力します。

  • Bambooディレクトリ設定

通常であれば変更の必要がないため、そのままContinueします。

  • データベースの選択

Bambooのデータを保存するデータベースを選択します。 今回はMySQLに保存するため、MySQLを選択しContinueします。

  • データベース接続パラメータの設定

データベースの準備で作成したデータベースへの接続パラメータを入力しContinueします。 Continueを押すと、データベースの初期設定が始まります。 しばらく時間がかかるので、根気よく待ちましょう。

  • データ移行

今回は新規インストールですので、「Createa new Bamboo home」を選択しContinueします。

  • 管理ユーザーの作成

任意のIDとパスワードで管理ユーザーを作成します。

以上で、Bambooのインストールは完了です。 次回は、以前インストールしたCrowdとBambooを連携させて、ユーザー管理をCrowdに統合したいと思います。