日立製作所さんのuValueコンベンションに行ってみました。
ビジネス上の関係で少し興味があったのと、午後からの外出予定前に少し時間があったので(決して、朝から参加されてた方の会場そばにおいしいカレー屋さんがあるとのtweetに釣られたわけではありません!)。
我々IT業界の者にとっては日立さんと言えばコンピュータメーカ(あるいはSIer)との認識が強いのですが、改めてコンピュータ(IT)は事業の一部でしかないと認識させられました。総合電気と言われるだけあって、電気に関係する様々なプロダクトや研究に驚かされます。あまり普段は触れることのないものも多く、予想以上に(失礼!)面白かったです。
特に印象的なのは、IT関連のブース(とは言え全体に占める割合は広い)が軒並みクラウドを謳っている中で、環境に配慮した高性能な空調施設の実物がしっかり展示されていること。Googleを支える技術の例を出すまでもなくクラウドを形成するデータセンターにとって空調は非常に重要なポイント。そこまで網羅して提供できるのはさすが。さすがに「御社のプライベートクラウドを日立の原発技術を導入してコストカットしましょう」というのはありませんでしたが・・・
今年は日立さんの創立100周年の記念すべき年だそうで、日立さんの過去のターニングポイントとなる製品がいろいろと展示されていました。最初期のハードディスク装置は、私が会社に入った頃は一部でまだそれに近い形状のものを使っていたこともあり、非常に懐かしく思ったのでした。実際にはこのハードディスク装置は私と同じ年ですから、きっとそれよりもずいぶん後のものを触ってたんだと思いますが、たぶんうちの社員でこの形状のものを見たことある人はいないんだろうなぁ。

当社サイトのご利用について  |  Image: scottchan / FreeDigitalPhotos.net
© 2013 アジャイル開発 | Enterprise Java | 株式会社アットウェア Suffusion theme by Sayontan Sinha