ソフトウェアの開発においてはスケジュールを現場都合により決められる状況は殆どありません。ユーザの要望や経営判断からいつまでにサービスインすべきかが先に決まり、それに合わせたスケジュールが作成されます。即ち、決められたコスト、期間の中から如何にして余裕を生み出すかを考え出す必要があります。
余裕を生み出す第一の鍵はリスクの軽減にあります。
以前に作業時間は実作業時間+リスクにて見積もられることを述べました。裏を返せばリスクを取り除くことによって作業時間の見積もりが小さくなり、余裕を生み出せることになります。
リスクの軽減は見積もり時間の短縮のみならず、作業進捗にも影響を与えます。メンバーにはミスを恐れて半歩ずつ進むより、大胆に大きな一歩を踏み出せる道を用意してあげるべきでしょう。
例えば品質。
この命題を追求するあまり、石橋を叩きながら進むようなことにはなっていないでしょうか?
品質の確保には多大な労力、コストがかかるものです。2割のプログラムコードが8割の使用率を占めると言われるシステムにおいて、すべてのプログラムコードの質を極限まで高めなければならないシステムはどれ程あるでしょうか?
品質を落としてよいと言っている訳ではありません。よく使用されるプログラムほど質を高めるというアプローチこそ、投資対効果の面で優れていると言えます。
そこで、まずは8割程度の完成度で暫定リリースという目標を掲げてはどうでしょうか?早期リリースはユーザにとっても歓迎されるものですし、実際によく使用される部分が重点的にテストされる効果があります。そして何より、完成度の減少に追随してリスクが減少し、2割以上のスケジュール短縮が期待できるのです。
品質への考え方だけではありません。お客様との付き合い方、開発現場の雰囲気によっても開発者が捉えるリスクは大きく異なります。
リスクを恐れない開発現場作りを心掛けましょう。

Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

当社サイトのご利用について  |  Image: scottchan / FreeDigitalPhotos.net
© 2013 アジャイル開発 | Enterprise Java | 株式会社アットウェア Suffusion theme by Sayontan Sinha