インターンシップ体験記・2016(千葉大学 中平さん)


千葉大学3年の中平です。この度8/22〜9/2の2週間、インターンシップに参加させていただきましたのでその内容について簡単にまとめさせていただきます。

はじめに

私は転職サイトWantedlyでアットウェアのインターン募集を見つけて応募しました。インターンに参加しようと思った理由には以下のようなものがありました。

  • 今後の進路選択に向け、IT業界についてもっと理解を深めたかった
  • Webに興味があり、Webアプリ開発をやってみたかった
  • チームで開発をしてみたかった

今回、学校を通じての応募ではなかったことや、インターン直前の応募になってしまったことから参加できるかとても不安でしたが、社長の牧野さんが丁寧に対応してくださいました。結果的に、上記のインターンでやりたかった3つのことは、実際にインターンでやったことに変わり、充実した時間を過ごすことができました。

インターン内容

概要

集まったインターン生でWebサービスを1つ開発しました。今回は私と同じく2週間のインターンに参加する仲間が4人と、それよりも1週間早く開始していた仲間が4人おり、計8人で一つのサービスを開発しました。

私がインターンに参加した時点で既にサービスの企画と設計のフェーズが終了していたため、主に開発に携わらせていただきました。

プログラミング

開発の内、私はサーバーサイドを担当させて頂きました。Web開発は初めてであったため、MVCモデルが一体どんなものなのかを知るところから始め、主にビジネスロジックの部分を実装しました。開発ではJavaのSpringMVCと呼ばれるフレームワークを用いました。また、Java言語についてもあまり経験がなかったので、オブジェクト指向を用いたプログラミングの実践の機会にもなりました。

最初の1、2日は参考書や仲間のコードを読んでもあまり理解が進まず、悶々していましたが、一週間が終わる頃にはわかる部分とわからない部分が明確になり、仲間とうまく作業分担しながら作業を進めることができました。開発のほとんどは学習と同時並行でしたが、インターンに参加したメンバーもWeb開発が初めてという方が多かったので、アットウェアの社員の方々のフォローを頂きながらスムーズに開発を進めることができました。

最終的にはWebサービスを一つ完成させることができ、大きな達成感と自信を得ることができました。インターンに参加する前はHTML, CSS, JavaScriptのフロントエンド技術しかわかりませんでしたが、サーバーサイドの技術を学ぶことができたことが私にとって特に大きなポイントでした。

チーム開発

インターンではプログラミングだけでなく、チーム開発についても様々なことを学ぶことができました。その内の一つはカンバンと呼ばれる手法で、主に"タスクの見える化"を行うものです。ミーティングで事前に洗い出したタスクの中から、毎日今日やるタスクを選び、各人がDoing(今やっているタスク)欄にタスクを移してから作業を始めます。タスクが終了した時には見積もり時間に対して実際にかかった時間を記入してDone(消化したタスク)欄へと移していきます。

カンバンを用いながら開発することで、特に以下の様な点に気づきました。

  • あとどれくらいやることがあるのかという全体的な視点を意識しながら作業できる
  • プロジェクト自体の進捗が管理がしやすくなる
  • 長い間同じタスクに留まっている仲間を発見できる

このような手法は一人でプログラミングをする上では経験できないため、実際にそれを使ってチーム開発をすることができ、良い経験になりました。

それ以外にも2週間のチーム開発を通して、わからないことがあった場合に一人で悩みこまずに気軽に仲間と共有できる環境の素晴らしさを実感しました。また仲間のコードを読んだり、仲間と考え方を共有しあう中で、設計や実装がブラッシュアップされる体験も非常に楽しいものでした。インターンでは普段の学校生活ではあまり経験することのないチーム開発に触れる事ができます。紹介したカンバンやgitなどの開発手法・ツールに触れることも貴重な体験ではありますが、初めて会った仲間とどれだけ蜜にコミュニケーションを取れるかも重要な要素です。もしコミュニケーションに不安のある方でもアットウェアのインターンに参加することで自信をつけるきっかけになると思います。

インターンで使った言語・フレームワーク・開発環境

今回のインターンで学んだ技術的なものについて、具体的に名前を列挙してみました。言語やフレームワーク、ツールなどが入り混じっていますが、少しでも今後参加する方の参考になればと思います。

技術要素
全員Java, Tomcat, Git(Source Tree), Eclipse
クライアントサイドHTML, CSS, JavaScript
サーバーサイドJSP, SpringMVC, Hibernate, MySQL

さいごに

私は最初インターンに参加するにあたり、Javaでのプログラミング経験が少ないことや、Webサービスの開発経験がないといったことが大きな不安要素でした。しかし、今終わって振り返ってみると、わからないことはアットウェアの社員の方々が丁寧に教えてくださったり、一緒に参加していたメンバー同士で教え合うことができる環境で、とにかく"楽しみながら"開発をすることができました。

また、アットウェアのインターンでは社内で歓迎会や打ち上げを開いていただいただけでなく、皆でご飯を一緒に食べに行ったり、横浜スタジアムに野球観戦しにいったり、卓球をしたり、開発以外にも楽しい経験が盛り沢山でした。もしこの記事を読んでいるあなたが、技術的なハンデに関する不安で参加を迷っているのであれば、そんな心配は全く不要です!是非インターンに参加して欲しいと思います。また、アットウェアでは大学の単位認定についても対応して下さいますので、もし今後個人で応募する方がいましたら参考にしてください。

この度は本当にありがとうございました。