社内用のChrome Extensionを作って公開した話


この記事は atWare Advent Calendar 2015 の19日目の記事です。

みなさん、こんにちは。最近モンハンXにハマっている武永です。

今回はモンハンの話!!。。。。。は全く関係なく、社内用にGoogleChrome Extensionを作って公開した話をしていきます。
モンハンの話をしてもいいのですが、会社のブログですることではないということで。。。
最後の抵抗に画像だけモンハンを使いましたが。。。

何を作ったのか?どうして作ったのか?

作成したものは一言で言ってしまうとGmailからBacklogの課題にスターを付けるというものです。
atWareでは課題管理にBacklogを使っています。
そして日報・週報・月報をBacklogに課題として書いていくという取り組みをしています。(日報などを課題として上げるという運用はどうなんだという話は今回は脇に置いておきます)
Backlogには課題にスター(いいねのようなもの)を付けることができます。日報などをせっかく書いたのに反応が少ないと悲しくありませんか?モチベーションが下がりませんか?
私はモチベーションが下がる1人です。
こういう状況に他の社員の人にはなってほしくないけど日報などに毎回コメントを書くのも難しいよね。ということで私は「日報を読んだよ!!」という意味も込めてスターを付けています。

課題を追加するとメールが送られてくるのですが、そのメール内には課題の内容が全て書かれています。
メールを見るだけで日報は読めているのに毎回その課題にBacklog上でアクセスしてスターを付けるのも面倒だなと感じていました。
大した手間ではありませんが、自分の勉強のためと少しでも楽になればいいやということでメールから直接スターを付けれるようにしよう!と考えて作り始めました。

最初は公開する気はあまりなかった

前述の通り自分の勉強のためという理由も大きかったので作っても社内で公開するという考えはありませんでした。
では何故公開しようと思ったのか。
atWareではatWare Awardという社員が何か作成したものを出品するコンテストがあります。(atWare Awardの詳細は今回は省略させていただきます)
そこで作ったChrome Extensionを発表した結果

公開して欲しい
Chrome ExtensionだけではなくFirefox アドオン版も欲しい

という声があって、「あー意外と需要あるんだ」とそこで初めて実感しました。
それなら公開しよう!!ということで社員限定で公開し始めました。

公開した結果

自分の環境だと安定して動作していたので公開しても大丈夫かなと思っていました。
しかし、いざ公開してみると

エラーのalertが出た
APIキーを入力する画面が出てこない

など結構問題を指摘されました。
環境差分ってやっぱりあるのかーというのが感想です。
自分の環境で動いたからと言って必ずしも動くわけではないという基本的なことが頭から抜け落ちていました。
Chrome Extensionは内部のコードを見ることができるので簡単にコードレビューをしてくれた方もいました。
そこで指摘されて気づいた不安定要素などもあったのでありがたいですね。

自分で作って自分で動かして満足するのではなく、公開して他の人にも使ってもらうことで自分の成長にも繋がると改めて実感した出来事でした。

最後に

色々と不具合もあったのでもっと安定したものを作っていきたいなと思っています。
あと要望もあったFirefox アドオンも作ってみたいですね。(まだ全然手を付けられていない)
今回で社内用のツールって使われる、使われないはとりあえず置いておいて、自分の気づいたところから作ってみて公開していいんだ!!というモチベーションに繋がりました。
自分の勉強にもなるし、上手くいって使われるようになるといいなぁと。。。