RaspberryPiにサーバをたてよう!


RaspberryPiにサーバをたてよう!

皆さん、こんにちは。KEYチームの矢納です。少し間が空いてしまいました。
過去記事の目次はこちらに移動しました。

今回RaspberryPiにサーバをたてるのにFlaskを使ってみたので、使い方を紹介しようかなと思います。 RaspberryPiにサーバを立てるということで軽量なWEBサーバは何だろうと調べたら、Flaskがヒットしました。

Flask(フラスク)は、プログラミング言語Python用の、軽量なウェブアプリケーションフレームワークである

wikipediaにしっかりと書いてありました(^o^)

では、今回試した事の紹介に入りたいと思います。全てRaspberryPi上実行しています。

1. pip、Flaskインストール

$ sudo apt-get install python-pip
$ sudo pip install Flask

2. サンプル作成

$ mkdir flask && cd flask
$ vi index.py
$ python index.py

WEBサーバが起動したので、http://<IPアドレス>:5000/にアクセス。Hello Worldと画面に表示されます。

3. SSLに対応

3.1 自己証明書の作成

$ openssl genrsa 2048 > server.key
$ openssl req -new -key server.key > server.csr
$ openssl x509 -days 3650 -req -signkey server.key < server.csr > server.crt
$ rm -f server.csr

作成した鍵たちは任意のところに保存しておいてください。

3.2 FlaskでSSL通信を行う

起動時の設定に証明書を設定

server.crtserver.key は先ほど保存したパスを指定して下さい。

これで https://<IPアドレス>:5000/ にアクセスすると無事にsslでの通信が完了です。

4. Basic認証をかける

こちらのサイトを参考にやってみました。

こちらのサイトに説明になってしまうので、簡単に説明します。

  • decorator.pyの作成
    • ここでID/PASSのチェックを行います
  • FlaskにもFilterのような物が存在しているために、その部分で認証を行う

おわりに

このブログで書いたコードはGitHubにあげてありますので、参考にしてください。 https://github.com/Burning-Chai/Flask

Email: yanou at atware.co.jp