shibboleth ready!


ホームページがリニューアルされてから、Shibboleth関連についての初投稿になります。

Shibboleth-logo-smaller.jpg

Shibbolethとは、米Internet2が開発したオープンソースのシングルサインオンを提供するするソフトウェアです。

日本では、特に学術認証基盤を実現する技術として採用されています。有名なのは、GakuNinですね。

GakuNinは、全国の大学等とNIIが連携して構築する学術認証フェデレーションであり、 公開されている情報では、IdPは、165の組織が参加しており、SPは、64サービスにものぼります。

構築のお手伝いをしてきた者の感覚になりますが、近年、GakuNinの参加機関が急激に増加しており、学術機関としては、Shibboleth対応して、GakuNinに参加するという流れができつつあるのではと感じてます。

 

弊社は、そのような ShibbolethのSPやIdPの構築を行っております。 簡単ですが、実績の紹介になります。

  • Shibboleth/GakuNin関連のシステム
    • 金沢大学殿 携帯電話プロキシサーバ
    • 国立情報学研究所(NII)殿 TV会議システム「FaMCUs」
    • しぼすけ(アットウェア提供 スケジュール調整サービス)
  • Shibboleth導入支援
    • 国立大学殿 Shibbolethバージョンアップ
    • 公立大学殿 IdP導入、冗長化
    • Atlassian製品 Confluence/JIRA Shibboleth化
 

ここまでは、以前のホームページの中でもふれていたことですが、新たに下記のようなこともやっております。

  • uApprove.jpの構築
  • Shibboleth-DSの構築
 

このような実績と数多くのオープンソースソフトウェアの利用およびカスタマイズの経験を生かし、

今後も、大学やサービスプロバイダなどのお客様がShibbolethを導入して認証基盤を構築される際の支援をいたしてまいります。