スマイル!スマイル!ハッカソン!


学生版ハッカソン

年末の12月27日、28日(アットウェアとしての年末の営業終了後ですが、、)に、横浜みなとみらいアットウェア本社および函館ラボラトリーにて全国から学生が集まり、2日間のハッカソンイベントを開催しました。

はじまりは"緊張?!"。でもテーマは「スマイル」

ハッカソンのテーマは「スマイル」。人を笑顔にさせる、ということをテーマに、あらかじめ決めらたお題について知恵を絞って何を作るかも学生自身で考え、どうやって作るかも学生自身で考えて、この2日間に注力するイベント。スマイルハッカソンは寒い年末の中、熱い戦いの場にもなりました。 ガイダンスを受けるときのみなさんの表情は真剣そのもの。みんな緊張していましたね。

"和み"のあるアットウェアオフィスでハッカソン!

今回の参加チーム数は全部で6チーム。それぞれのチームが2名から3名の学生メンバで構成され、いずれもツワモノ風。自分たちのアイデアと技術と愛嬌をうまく融合させ、黙々とハッカソンに集中していました。彼らの作業場所は、年末の大掃除が終了したアットウェアオフィス。綺麗に整頓されたオフィスの共有スペースを活用し、自分たちの心地よい開発ができる場所を自由に探して場所を確保。自由なスタイルでのハッカソンにどのチームも満足気な様子でした。

途中途中コーヒーやお菓子、ラジオ体操をしたり、リフレッシュすることも効率的な開発を進める上では重要です。アットウェア社員のサポーターによりお菓子やケーキ、コーヒやラジオ体操などの提供がありました。

結果発表!

1チームあたり15分のプレゼンとデモンストレーション。 どのチームもコンセプトがユニークで非常に面白い成果発表になりました。デモンストレーションではうまく動かないチームや実装が途中になったものもありましたが、皆が2日間一所懸命に取り組んだこと称え合って終了しました。

結果発表後、審査、投票。

審査の結果、最優秀賞はなんと同点の2チームとなりました。

懇親会では、参加学生同士やサポート社員の交流を行い、アットウェアのオフィスの中の畳スペースで酒盛り(二十歳未満は酒禁止)を。お互いの健闘を称え合ったり、アットウェアや社会人になるということのテーマで話しは絶え間なく続いていました。結局、宴は最終電車あたりまで続きましたとさ。

総評

学生さんを集めてのハッカソンはアットウェアとしてもはじめての試みでもあり、いろいろと行き届かない点があったかもしれません。しかし、学生さんのパワーは本当に頼もしいものでした。想定した以上のアイデアと技術を兼ね揃えており、今後の日本を背負っていく彼らをもっとサポートしていきたいと思っております。今後とも交流していきましょう! Keep in touch!

また、最後になりましたが、年末の忙しい時にハッカソンに参加いただいた学生さん、および社会人混成チームへ加わっていただいたウルシステムズ株式会社の百々様、特別審査員として出席いただいた同じくウルシステムズ株式会社の平澤様に感謝いたします。あとサポートに来てくれた学生さん、アットウェアサポート社員、差し入れをくれた方々、本当にありがとうございました。

参加学生とサポートメンバとの集合写真。函館とは常にビデオ会議システムで接続していました

参加学生とサポートメンバとの集合写真。函館とは常にビデオ会議システムで接続していました