みなとみらいオフィス


atWare Advent Calendar 2014 の九日目です。

本日2014年12月9日で本社を横浜のみなとみらいに移転してちょうど一年になりました。会社として変革期を迎えたタイミングでもあったからか、率直に言ってあっという間の一年だったと思っています。一方でアットホームをテーマにデザインいただいた現在のオフィス環境があまりに快適で、以前のオフィスでの日常が遠い昔のことのように感じるのが不思議です。

正直に打ち明ければ、オフィスの移転に関しては当時、非常に悩みました。それまでのオフィスがあった横浜駅近辺から外れてしまうことによる社員の皆への負担はもちろんこと、当社の企業規模や業績を踏まえた時にビルのグレードや希望するインテリアデザインは果たして見合ったものなのか、何より資金はどうするのか。結果的にはいくつかの審査をクリアし、つまりは第三者にここを拠点とするにふさわしいとお認めいただき、どうせ移転するならばと可能な限り環境を整えようと決めました。

少し多めに取ったつもりの座席も、一年が経過した現時点でそう余裕のない状態になりました。社員も増え、おかげさまで仕事も順調に増えてきています。人は少し高いところに目標を設定することで成長するのだそうです。順中満帆とはいかないまでも、器に見合った組織に着実に近づけているのではないかなと思っています。

私は常々、私ができることは場を作ることだと考えています。それも一度作ってしまえばおしまいというものでもありません。オフィスも然り。社員の皆が快適な環境で最大限のパフォーマンスを出せるよう、もちろんハードだけではなくソフトの面でも継続的に整備をしていきたいと思います。

もしかすると一年後にはここも手狭になってしまっているかも知れません。それはそれで嬉しくもあり、非常にまた悩ましい問題を抱えることになりそうです。

P.S.

奇しくも、本日12月9日に米Apple社の研究開発拠点をここ、みなとみらいに作るとの発表がありました。ここ数年、みなとみらいでのビル建設や企業誘致が非常に活発です。東京都心とはやや違った雰囲気で、環境もよく、また羽田空港へのアクセスもよいみなとみらいは今後ますます発展していくのだろうと思います。Appleが来ることになれば、さらに良い刺激になるでしょう。みなとみらいの先輩IT企業として(?)非常に楽しみです。